アップグレード

PCのサウンドカードはどうなりましたか?

予想通り、オンボードオーディオにもっと投資した開発者はもう少し強気です。 IDT(Integrated Device Technology)は、Windowsロゴプログラム認定を受けた、最大10のオーディオチャネルを備えたPCオーディオチップを製造します。

「要求の厳しいゲーマーにとっても、現代のPCに統合されたオーディオは通常、十分すぎるほどです」と、ヨーロッパ、中東、アフリカ市場を監督するIDT副社長のPietroPolidoriは述べています。その後、それらをマザーボードに統合するメーカー。主流のアプリに別のサウンドカードが必要かどうかを理解するのは難しいです。



  • 1
  • 2

現在のページ: すべてのサウンドカードはどこに行きましたか?

次のページ USBオーディオの成長 アップグレードのニュースをもっと見る